動物病院院長 が知っておくべきホームページの色の法則

 

動物病院院長 様が動物病院のホームページを制作会社に依頼する時に必ず聞かれる質問がこれです。

「サイトの色は何にしますか?」

 

「とにかく明るく信頼される感じで!」など何となくの雰囲気をお答えになるケース、「緑を使ってくだ さい。」と明確に好みの色を伝えて頂けるケース、「ドリトル先生と仁を足して二で割ったような感じ で」良くわからない例えをして頂けるケース、などなど色々とあるのですが、概ね意思疎通が図ら れていないことは多いでしょう。

もちろん制作会社側の「聞きだす力」が無いことがその最たる理由なのかもしれませんが、それを 理由にして理想のホームページにたどり着くことができない状況を追及したところで何も変わりま せん。

これは、依頼をしている側つまり動物病院さんの方でも、明確な根拠と共に色を選ぶことが少な く、抽象的な感性を制作会社側に伝えることが多いことも原因だと考えられます。

カルピスウォーターや、缶コーヒーの BOSS など、シンプルかつ親しみやすいデザインには、ある 一定の法則があります。

ということで、その秘密を解明してみようと思います。

 

ベーシックな考え方は 70:25:5

 

動物病院のホームページを開いた際に、目に入る色の割合を示しています。

一番目に入る色をベースカラー、そのサイトの色として一番印象に残る色をメインカラー、サイトに ピリリとした締りを与えるために使われる色をアクセントカラーと言いますが、これらの配色を使い 分けることによってサイトの全体感をまとめていくことになります。

 

ベースカラー 70%

配色比率としては一番大きくなり全体の 70%を占めるのがベースカラー。メインカラーと間違えや すいですが、このベースカラーというのは、簡単に行ってしまうと背景色のことです。カルピスウォ ーターの例えだと白、BOSS だと黒にあたります。

本来ホームページが伝えたいことはテキストで書かれています。テキストが読みにくくなることを防 ぐため、一般的には大きな主張をしない白色や灰色、淡い水色などが使われます。

ベースカラーという名の通り「下地」ですので、明るい色や淡い色を使って文字がよりはっきりと読 めるようにするのが最も重要な機能ですが、ここに明度の低い色や濃い色を選択するとメインカラ ーもかすむくらいの強烈なインパクトを作り上げることも可能ではあります。ですから非常に極稀 に、そのような背景色を選択している動物病院のホームページを見かけることはございます。

 

メインカラー 25%

サイトの一番のイメージを作り上げる色です。 つまり○色のサイト、と表現される対象はメインカラーです。ベースカラーではありません。

動物病院から指定された色が無い場合でも「信頼感のある」「親しみやすい」といったイメージを伝 えられれば、そのイメージをもとにして色を選択しサイトが完成するような流れです。

仮に、25%という比率は置いておくとしても、このメインカラーが動物病院のサイトをみた人に与え る印象の大部分を占めることになりますので、その色を選択する意図を動物病院側でしっかりと持 つべき、というのは弊社が常々思っているポイントだったりもします。

 

アクセントカラー 5%

雰囲気を引き締める為に用いるのがアクセントカラーです。メインカラーとの相性を重視して色を 選びます。他の色と混ざってもその存在感を失わずに、反対にメインカラーやベースカラーの色合 いを邪魔するものでもない配色が必要です。

 

動物病院の建物も意識

 

動物病院には、その動物病院に合った飼い主さんが通うように、つまりリピーターになってくれま す。ペットオーナーは動物病院のホームページで感じた印象をそのままに動物病院を訪れます。 ですからあまりにも実際の病院とはかけ離れたイメージの WEB サイトを作ると、本当にその病院 に合った飼い主さんと出会えなくなってしまう恐れがあります。

理想論を言えば、ホームページを作る時には、ロゴデザイン、病院のデザイン、病院内の衣類、機 材、ノベルティ、などを全て総合的にデザインできると、全体的な雰囲気も含めて動物病院が求め るものに限りなく近いものになりやすく、ペットオーナーに与えるイメージや評判もとても良いものと なるでしょう。

動物病院において、医療技術が何よりも優先され尊いものであることは間違いありません。

一方で、そのような尊い医療技術であっても、それらを必要としているペットオーナーおよび動物に 届かなければ、いかほどの価値もないものとなってしまいます。

動物病院のブランディング戦略やホームページ制作といった一連の取り組みは、よりよい医療を、 それらを必要としている動物やオーナーに可能な限り届けていくための手段と考え、取り組むべき であると弊社は考えます。

ご紹介はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.